二重

二重

二重の手術には、
・二重埋没手術
・全切開法
・部分切開法
・目頭切開法
があります。

二重
このページのコンテンツ

費用についてはコチラをご覧ください。美容整形 - 治療費について

二重埋没手術

埋没法(二点固定)

希望の二重のライン上に糸を二箇所埋没し、二重瞼をつくります。

埋没(二点固定)+脱脂

瞼が厚ぼったくて埋没だけでは二重のラインが出にくい方は、ライン上一部を5mmほど 切開し、眼窩脂肪の一部を切除する方法をお薦めします。 切開部を透明な糸で縫いあわせるため、術後4日~5日後の抜糸が必要となります。

術後は3日ほど、腫れのために作成した二重の幅が広く感じられます。 術後3日間は、コンタクトレンズの使用を控えてください。
術後一週間で内出血や大きな腫れは治まります。

術前術後の比較
脂肪除去を併用した場合

上部へ戻る

全切開法

希望の二重のライン上を切開し、余分な脂肪や皮膚のたるみを取り除いて再び縫合する方法です。
余剰の脂肪や皮膚を取り除きますので、腫れぼったい瞼の方でも、すっきりとしたきれいな二重のラインになります。
切開のラインは作成する二重のラインと一致しますので、術後に埋没法でラインが戻ってしまった方や厚ぼったい瞼の方にお薦めです。

手術・アフターケアについて

  • 希望のラインを決定後、手術部位に局所麻酔をします。
  • このとき、ガスの麻酔も併用しますので、注射の痛みも最小限に抑えられます。
  • 皮膚を切開し、余剰の脂肪や筋肉を切除します。
  • 内部の構造を、二重のラインが出るように形成し、皮膚を縫合します。

抜糸までの5日間は、閉眼時には縫合糸がみえる状態です。
ベースメイクは手術翌日から、アイメイクは抜糸翌日から可能です。
シャワーは当日から、入浴・洗顔は翌日から可能です。
内出血や、大きな腫れは一週間で改善します。
自然な感じに落ち着くのは、1ヵ月~1.5ヶ月を目安とお考え下さい。(術後の経過には個人差がありますので、上記は一応の目安です)

上部へ戻る

部分切開法

希望の二重のライン上を1.5cmほど切開し二重にする方法です。

上部へ戻る

目頭切開法

目頭に蒙古ヒダという皮膚の張り出しがある方は、その部分を形成することで目の横幅が広くなり、目元の印象を変えることができます。
蒙古ひだは全ての人にあるというわけではありませんので、目の状態を医師が拝見し、目頭切開の手術が可能かどうか判断いたします。

手術・アフターケアについて

  • 手術部位に局所麻酔をします。
  • このとき、ガスの麻酔も併用しますので、注射の痛みも最小限に抑えられます。
  • 蒙古ひだを切除し、丁寧に縫い合わせます。
  • 当院の医師は麻酔に対する知識や、素早く正確に手術を行う高度な技術を持っていますので、痛みや腫れは最小限にとどめます。
  • 縫合した部分は赤みがひけば一本の白い線となって目頭の下の溝に隠れますので、見てもほとんどわかりません。
  • 術後およそ2~3日くらいでおもな腫れはひきます。
  • 抜糸は5日目にご来院ください。
  • シャワーは当日から、入浴・洗顔は翌日から可能です。
  • ベースメイクは当日から、アイメイクは抜糸の翌日から可能です。

(術後の経過には個人差がありますので、上記は一応の目安です)

上部へ戻る