シミ・肌の色むら・肝斑

シミ・肌の色むら・肝斑

美しい肌とは?

肌の色は、ヘモグロビン(赤色)、メラニン(褐色・黒色)、カロテン(黄色)などの色素が組み合わさって作り出されています。

美しい肌とは、まず健康であることが第一条件です。

そして、色が均一であること(シミやニキビ痕がない)や滑らかであること(毛穴が目立たず、ムダ毛がない)も大切です。

eyeCatch17
シミの種類

色調が不均一で表面に滑らかさが無いような肌を、くすんだ肌といいます。血行不良や色素沈着、角質の肥厚などによって色調が不均一になり、表面の凹凸やムダ毛により滑らかさが失われます。肌のくすみの原因を分析し、美しい肌に近づけるようにいろいろな方向からアプローチしましょう。

一般にシミと呼ばれているものには、いろいろな種類があります。

シミの種類1 シミの種類2

費用についてはコチラをご覧ください。治療費について

 

雀卵斑(ソバカス)

鼻の上~両ほほにできる、小さい点状のシミのことです。
3歳頃から発症して思春期に顕著となり、30歳以降で軽快していきます。
遺伝性があるといわれています。

上部へ戻る

 

肝斑(カンハン)

30代~40代女性に多いシミで、性ホルモンや擦過などの様々な要因が組み合わさってできる。
性周期や生活習慣で軽快したり増悪したりします。

今のところ根本治療はありませんが、内服や外用、ピーリングなどでコントロールしていくことはできます。

上部へ戻る

 

後天性両側性太田母斑

成人以降の女性のほほや額にみられる淡褐色~淡青色のアザです。ほほでは直径5mm程度の斑状に、額では左右の髪の生え際付近にある程度の広がりをもって発症します。紫外線の刺激やホルモンバランスの影響で、真皮のメラノサイトが活性化するためにおこります。

上部へ戻る

 

老人性色素斑

成人後、ほほなどにできる丸い大きなシミで、加齢とともに増加、増悪します。
子供の頃からの紫外線の影響が蓄積されてできます。

上部へ戻る

 

炎症性色素斑

いろいろな炎症が治まった後に生じるシミの総称です。
炎症直後は赤色で、経過とともに褐色~肌色になってきます。
炎症の原因は、化粧品の刺激や誤った洗顔方法による擦過、ニキビや外傷などがあります。

色素沈着の原因や程度、発症からの経過によって、保存的に経過を見させていただく場合もあれば、レーザー治療や光治療をおすすめする場合もあります。

上部へ戻る

 

赤ら顔

皮膚の毛細血管の拡張や充血によっておこるものと、皮脂分泌の亢進による皮脂やけでおこるものがあります。
血管の拡張が原因のものは、慢性的におこる場合と精神的な要素や寒暖の差によっておこる場合があります。治療は ジェネシスライムライト、血管の収斂をおこす外用薬などです。

皮脂分泌の亢進が原因のものは、ピーリングライムライト、皮脂の量をコントロールしていきます。

上部へ戻る

 

毛細血管拡張症

加齢やステロイドの長期外用などにより、毛細血管が拡張して皮膚から透けて見えるようになったものです。 まれに、糖尿病や高血圧に伴う一過性のものや原因が不明のものもあります。

上部へ戻る

 

ニキビ痕

アクティブなニキビがある場合は、まず新しいニキビをできなくするような治療を優先します。 ニキビ治療

色素沈着型

赤みに対しては ジェネシスライムライトで治療します。

凹型瘢痕

ニキビ痕のクレーターにはダイヤモンドピーリングで表面を滑らかにします。ダイヤモンドピーリングで対応しかねる深いクレーターには、ジェネシスタイタンパール・パールフラクショナルでコラーゲンを増生させ、皮膚が下から盛り上がってくるのをたすけます。

上部へ戻る

 

肝斑改善スペシャルコース

シミ、ソバカス、色ムラ、くすみ、肝班 etc. 美白といってもお悩みは人それぞれです。
気になるトラブルに合わせて組み合わせを変えられる新しいコースが出来ました。

ピーリング
  • 肝斑の改善
  • 老化角質の除去
  • 新陳代謝促進
  • ざらつき、毛穴のつまりの改善
ジェネシス
  • 肌質の改善
  • 毛穴の開大の軽減
  • 表面の引き締め
  • 肌のキメ、ハリの改善
  • コラーゲンの増生
ライムライト
  • シミ、ソバカスの改善
  • 赤みのあるニキビ跡の改善
  • くすみの改善
  • 美白効果



上部へ戻る