ホホバオイル

ホホバオイル

金色に輝くホホバオイルには、アンチエイジング成分がたっぷり

自然豊かなオーストラリアの大地で育ったホホバの実
から、コールドプレス(冷温圧搾処理)で抽出された
高品質でリッチなオイルをお楽しみください。
非加熱処理なので、ビタミンやミネラルといった、
有効なアンチエイジング成分をたっぷり含んでいます。

eyeCatch81

 

有効なエルカ酸を含むのは、ホホバオイルだけ

ホホバオイルの主成分は、エイコセン酸(75%)、エルカ酸(10%)、オレイン酸(10%)。 エルカ酸はお肌の潤い、滑らかさを保つことに優れています。
そのため、ファンデーション、乳液、クリーム、頭髪用化粧品といったあらゆる保湿化粧品に EOD(エルカ酸オクチルドデシル)の形でブレンドされています。
エクラのホホバオイルで、乾燥しらずのみずみずしいお肌へ。

 

ビタミンEは フリーラジカルの補足因子

ホホバオイルは、たくさんのビタミンEが含まれています。 ビタミンEはビタミンCと協力して、有害な物質(紫外線や空気中の汚染物質)が皮膚に作用した 際に発生するフリーラジカル(細胞を破壊する因子)を中和します。 ホホバオイル由来のビタミンEを補充して、その日のうちにお肌のサビをリセット。 イキイキとしたお肌を保つことができます。

 

 

効果・効能

 

①アンチエイジング化粧品として

ホホバオイルの優れた抗酸化ケアは、お肌の酸化(=老化)を防ぎ、シミやシワ、たるみといった悩みのないお肌へと導きます。 
毎日のお手入れの際、美容液の後の仕上げとしてお使いいただけます

 

②クレンジング剤として

ホホバオイルはメイクとの緩和性が高いため、クレンジング剤に適しています。コットンにオイルをたっぷり多めに取り、アイメイクやリップをなじませます。(このとき、強くこすらないようにしましょう。コットンを押し当てる感覚です)。コットンを使ってポイントメイクを落とした後は、再度オイルを適量手に取って、額→Tゾーン→ホホへとなじませます。そのあと、しっかりと泡立てた洗顔料で洗顔します。(洗顔料によってはダブル洗顔がおすすめです)。また、湯船につかりながらのオイルマッサージで、毛穴の奥の汚れもスッキリと取り除くことができます。

 

③ヘアケアに

艶やかな髪は健康な地肌から。ホホバオイルの逃避マッサージで、髪の毛穴の皮脂詰まりを改善しましょう。シャンプー前にオイルをたっぷりつけ、頭皮や地肌をマッサージし、そのまま15分ほど放置します。(そのあと、シャンプーしてください)また、オイルに含まれる保湿成分やビタミン類は、美髪効果・育毛効果も期待できます。お風呂上がりのアウトバストリートメントとしてもお使いいただけます。タオルドライ後、ドライヤーの前に毛先に1~2滴ずつなじませます。*ヘッドスパの前処置として、シャンプー前にお使いいただくこともできます。

 

④ニキビ

ニキビの原因は、オイリーバランスの乱れやアクネ菌の増殖、ビタミン不足など。ホホバオイルのもつ保湿成分や抗菌成分、ビタミン剤は、お肌の補正に効果的です。クレンジング剤や保湿剤としてご使用いただくうちに、ニキビに強いお肌へと変わっていきます。

 

⑤アトピー

アトピーの原因は、お肌のターンオーバーの乱れです。入浴後のアウトバストリートメントとして、乾燥の強い部分にお使いください。(入浴後のお肌は、オイルの吸収が上がるためケアに適しています)。ホホバオイルに含まれるビタミン類や保湿成分がお肌のターンオーバーを正常化するので、「かさつき」や「かゆみ」といったアトピー症状が緩和されます。

 

ホホバオイルの使い方

フェイシャルケア

顔全体にオイルを2プッシュ塗布し、マッサージ途中でオイルを適宜追加してください。

頭皮ケア

前頭部、側頭部、後頭部の頭皮に1プッシュずつオイルを塗布し、マッサージ途中で適宜追加してください。